日本医療毛髪再生研究会認定AGA専門院

病院での医師による発毛治療「HARG療法」

HARG療法の自己ケア

6回のHARG療法にて6ヶ月後には豊かに回復した毛髪を実感いただけるはずですが、その後の維持・保全を怠ることがあれば、再び毛髪の退化が始まり、徐々にではありますが、元の薄毛状態に戻ってしまう恐れがあります。

そこでHARG療法後には退行抑制作用のある抜毛防止薬プロペシアと、その補助薬である血行循環剤ミノキシジルの継続的な服用にて、治療後の現状維持・保全に努めていただく必要があります。

それではいつまで服用を続けるのか?

それは患者様それぞれに主観的に判断していただくしかありません。例えば20・30・40代で薄毛は辛いとのことであれば、50才までの服用が好ましく、年齢問わず、薄毛はイヤだとのことであれば一生涯の服用が理想的であるといえます。

ただ、最も有効な保全法としてはHARG療法の継続に勝るものはありません。しかもこれまでのように月1回の注入が必要というわけではなく、1年に2~4回の再注入にて十分なため、内服薬の継続利用を柱に、HARG療法を単発的に加えてゆく併用法を、当院としてはお勧めいたしております。

プロペシア(抜毛防止薬):
1ヶ月分 12,000円

プロペシア

当院は国内製薬会社正規品(MSD株式会社)のみを取り扱っております。
プロペシアは、男性型脱毛症用内服薬です。医療用薬品に分類される発毛剤であるため、医師の処方が必要となります。
20歳以上の男性のみ処方可能です。(女性処方不可)
日本で承認されているものは、万有製薬(現:MSD)から発売された1mgと0.2mgのみとなります。
あるサイトにはフィンペシア・プロスカー・フィンカーなどの商品名にてジェネリック医薬品(後発医薬品)のように紹介されていることもございますが、日本ではまだ認可が出てません。
偽物の危険性
・効果がない → 薬効成分(フィナステリド)が全く含まれていないもの
・健康被害 → 過剰な薬効成分が含まれるもの
・効果が弱い → 薬効成分が少なすぎるもの
・健康被害 → 錠剤自体にコンタミネーション(雑菌などの混入)の可能性があるもの など

※偽物を服用した場合は思いがけない健康被害が発生する可能性がありますので医療機関を受診し、医師の処方により正しく服用することをお薦めします。

ミノキシジル(血行循環剤):
1ヶ月分 15,000円

ミノキシジル

(リアップやロゲインは5%ミノキシジルに含まれます。)
5%ミノキシジルは頭髪の育毛促進が医学的に証明されている液剤の治療薬で、頭皮に直接塗布します。
AGA(男性型脱毛症)に対する治療有効率が高い数値で証明されています。
また、日本の日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」でも、プロペシア錠と同様に強く推奨されています。

CONTENES

PAGE TOP

美容外科 美容整形 医療レーザー

Hamamatsu Chuoh Clinic

浜松市中区砂山町330-11 日総工産第2ビル4F

電話で予約・相談・お問い合わせ

tel:0120077624

完全予約制 9:30〜18:00

インターネット予約・相談

  • メール相談
  • メール予約