日本医療毛髪再生研究会認定AGA専門院

病院での医師による発毛治療「HARG療法」

HARG療法とは?

薄毛・抜毛が進むメカニズムの解明と、そしてその対策としての発毛・育毛の研究に、長年取り組んでいる日本医療毛髪再生研究会が、人体の幹細胞と称されるものに発毛効果のあることを発見、長きにわたる研究・実地にて、医療現場での実用化レベルにまで引き上げられた治療法、それがHARG療法です。

人体は元をたどれば約37兆個の細胞の集合体です。
その中で同じ特定の機能・役割を有する細胞が結合し、毛髪をはじめ皮膚・筋肉・骨など、それぞれの器官・部位を構成しているわけですが、その中にはどんな器官・部位にも変化できる(作り出すことのできる)幹細胞と呼ばれる万能細胞が存在しています。
そしてその幹細胞の特性を活用することで、毛髪を作り出すこと(発毛させること)も当然可能ということになり、この理論・仕組みを実際の治療に転用・発展させた方法、それが新毛髪再生治療HARG療法です。

では具体的にどのように治療・施術に運用(利用)してゆくのか?
まずは健康な成人女性より幹細胞を採取、ガンマ線にて滅菌することで安全性を確保します。
その上で幹細胞を培養し(増やし)、そこから抽出した(取りだした)たんぱく質をさらにろ過することで、毛髪再生に最も作用する成分「成長因子」と呼ばれる成分を精製します。
次に精製した成長因子に、毛髪再生の補助(補完)物質となり得る各種ビタミン・アミノ酸などをブレンドし、「HARGカクテル」という液状薬剤として配合完成します。
幹細胞が薬液化したことにより、本来大がかりな外科的手術を要しなければ実現できなかった幹細胞の移植が、注射器を媒介して容易に可能になったため、現在では欧米や韓国などにもHARG療法は広く普及し、多数の治療実績につながっています

そしてこの配合物HARG カクテル(成長因子)を、毛母細胞の分裂が休止期(停滞期)に陥り、細胞の数が著しく減少することで、抜毛・薄毛が急速に進んでいる頭皮に直接注入していきます。 注入された成長因子はダイレクトに毛母細胞を刺激、刺激を受けた毛母細胞は細胞分裂を再開、活発に繰り返していくことでその数を増加、増えた細胞はコシ・ツヤのある新しい元気な毛髪を1本、また1本と形作ってゆくことにつながり、結果「髪の毛が増えた」を実感、根元から生えそろったしっかりした太く・硬い髪が地肌を埋め、ボリュームを押し上げ、薄毛・抜毛は速やかに解消へと進んでいきます。

浜松中央クリニックはは上記HARG療法を、開発の父である日本医療毛髪再生研究会より、施術と検証を正式に委託された「HARG療法認定施設」の一つでありますため、安心して確実な治療を受けていただけます。

HARG療法認定施設

CONTENES

PAGE TOP

美容外科 美容整形 医療レーザー

Hamamatsu Chuoh Clinic

浜松市中区砂山町330-11 日総工産第2ビル4F

電話で予約・相談・お問い合わせ

tel:0120077624

完全予約制 9:30〜18:00

インターネット予約・相談

  • メール相談
  • メール予約